主婦もゆく iPad一人歩記

高校生の必履修教科「情報」の教科書を見てしまいました・・・




この前、某公立高校にお邪魔する機会があって、そこで、来年度用の「情報」の教科書見本を見せてもらったのですが、中を見てビックリ!アラフォー世代の私にとって馴染みのない言葉が、これでもか!ってくらいビッシリ書かれています。

「なにこれ?! 今の高校生ってこんなこと習ってんの!!」
「てか、これ知ってんのって常識のレベル?!」

ページを見ながらそんなことを思わず発してしまった私ですが、いやぁ、情報の教科書を見て驚くのなんのって!

まだ小学生しか育てていない私にとって、イマドキの高校生が「情報」の時間にどんなことを勉強しているかなんて知る由もないのは当然ですが、それでも、自分が高校生の時には習っていなかった教科というのもあり、私の驚きようったらありません。

IMG_0136


そもそも、私のようなアラフォー世代は高校時代に「情報」の教科はなく、学校内でPCを触ることもほとんどなかったワケでありますが、そんな高校に「情報」が必履修教科として定められたのは今から10年前、2003年の出来事のようであります。

Wikipediaでざっと調べたところ、平成24年度までは「情報A」「情報B」「情報C」の3種類があったようですが、来年度の平成25年度からは新教育課程になるということで、情報は「社会と情報」「情報の科学」の2種類の科目に分かれるとのこと。

「社会と情報」は、コミュニケーション能力や情報の創造力、発信力などを養うことを目的とした、どちらかといえば文系よりの科目なのに対し、「情報の科学」は情報機器等を活用して情報に関する科学的思考力・判断力等を養うということですから、こちらは理系よりの科目のようであります。

また、教科自体は必履修ですが、大学のセンター入試には出題されないようです。その一方で、大学によっては入試科目として採用しているところもあり、進むべき進路によっては重要な科目だということですね。




で、情報の教科書を見ていて、何が驚くかって、出てくる用語の多さと扱っている内容!!そして、教科書なのに今風のことが書かれてあるように感じる違和感!!(←このあたり、年齢により個人差がありそうですが・・・)

個人情報、コミュニケーション、フィッシング、チェーンメール、メディアリテラシー、RGB、HTML、CSS、ネットワーク、Wikiシステム、ファイル形式、SNS、知的財産権、出会い系サイト規制法、不正アクセス禁止法、ウィルス、セキュリティポリシー、ユーザーインタフェース、ユーザービリティ、GPS、電子マネー、RFID、ユビキタス、検索、データマイニング、デジタルデバイド、テクノストレス

・・・・という具合に、ざっと教科書をめくっただけでも、まぁ、出るわ、出るわ、ネットや新聞でしか見ないような言葉の数々。こういう言葉って、分かる人には簡単なものなんでしょうけど、主婦の私からすると、これらのような言葉や内容が、“高校生が習うべきもの”として位置づけられているのが、なんともショック。自分の知らないことが、あまりにも多いじゃないですか・・・。

IMG_0138





さらに驚くのは、「これまで情報で習うべきものなの!」と思えるものまで入っているところ!それが下の写真の「プレゼンテーション」。私なんぞは社会人になって、自己啓発レベルでしか学んでいないのに、高校生の一単元で習うことがそもそもビックリ!つまり、常識ってことですよね・・・?

IMG_0137


ちなみに、このプレゼンテーション。どんなことを習うのかというと・・・・
プレゼンテーションの企画から始まって、スライド制作、リハーサル、実施、評価と、それぞれのフレーズで気をつけるべき点が書かれている。社会人の私でも、ちゃーんとためになるような内容で、しかも簡単に書いてあるから分かりやすいじゃありませんか!

この単元の最後に出題されていた例題も面白く、
「文字や静止画だけでなく、音声や動画を用いた方が効果的になるようなプレゼンテーションの内容にはどのようなものがあるか?」とあったので、思わず、私まで考えてしまいました。




いやぁ、それにしてもです。何度も書いてしまいますが、「イマドキの高校生ってこんなこと習ってるの!」という話です。時代が変わったので、求められる知識も違うのは当然ですが、高校生が習うということは、やはり今の常識レベルなんですよね(汗)情報の教科書を目の前にして、あまりにも知らないことが多すぎた自分を、“年のせい”にしたい気持ちでいっぱいです。













にほんブログ村 PC家電ブログ iPadへ



Category: ITと主婦
  • Kayo says:

    修 様

    コメントありがとうございます!

    2014年11月11日 at 9:40 AM
  • says:

    今この授業しています

    2014年11月7日 at 2:17 PM
  • Kayo says:

    通りすがりのサラリーマン(20代前半)さま

    コメントありがとうございます。

    確かに。高校生ではなく、もっと早い段階からこのような教科を受けさせたいですよね。そして、できれば、子供だけでなく「保護者」も一緒に勉強したいところです。
    というのも、保護者の間では、個人情報ひとつをとってみても、何をもって個人情報とするのか、それぞれの人の価値観によって違いがあったりするので、一緒に学ぶことが大切かと思ったりします。

    加えて、子育てをしている生活レベルで、もっとこのような話題が出てくるような、コミュニケーションの形をつくることも必要なのかなぁ〜と思ったりしています。

    2014年2月5日 at 6:02 PM
  • Kayo says:

    のりパパ様

    コメントありがとうございます。

    仰る通りだと思っています。IT関係の問題ついては、「そんなトラブルがありましたよ」というレベルではなく、なぜそうなったのか仕組みを知りたいと思います。このような教科書に書かれている知識を、今まで情報を勉強してこなかった層が、どのように学んでいけばいいのか考えていきたいところです。

    2014年2月5日 at 5:58 PM
  • 通りすがりのサラリーマン(20代前半) says:

    今の時代、当記事で挙げている”情報”無くして成り立ちません。
    情報が無ければこのブログだって存在しないと言っても過言ではありません。
    iPadも然り。
    小学生でさえ携帯電話を持つ時代ですから、高校生ではなく中学生で基礎を習って欲しいです。
    SNS絡みの事件も増えてきましたし…。

    言い方がキツくて申し訳ありませんが、常識なのです。

    別件ですが、Wikipediaの情報を鵜呑みにするのは良くないですよ。

    2014年2月5日 at 11:21 AM
  • のりパパ says:

    30年程前に私が新社会人になった頃は、新人研修でプレゼンテーションについて教えられ、OJTで訓練させられたことを思うと高校時代に授業として盛り込まれることは社会的なニーズに対応した結果と感じました。

    更に「個人情報」「フィッシング」「チェーンメール」等々、最近のニュースでもしばしば耳にする言葉については、通り一遍なニュースや情報番組の解説ではなくキチンと授業で教えられる事はIT(ネット)を安全に使いこなすうえで必要な事と考えます。

    今どきの“高校生の教科書”と敬遠なさらずITが身近になった現代人の生活の知恵と考え、既に考慮されておられるとは思いますが将来お子さんがITやネットを利用する際に指南ができるようにご準備なされますことをお勧めいたします。

    2014年2月4日 at 11:55 AM
  • Kayo says:

    通りすがりの先生さま

    コメントありがとうございます。なるほど、そのような側面もあるんですね。教育のことを変えていくのはなかなか大変だと思いますが、まずは「主婦層のみなさんに知ってもらうこと」、これに貢献したいと考えてます。

    2014年2月3日 at 8:59 PM
  • Kayo says:

    あーや様

    そうなんですね!高校によっては進んでいるところと、そうでないところの差が結構あるようですね。私のような主婦層は、高校の時に「情報」を習っていなかったので教科書に書かれていることを読んでいるとびっくりします。と、同時に、こういうことをきっちり習っておきたかったなぁ〜とも思います。高校の時に習った情報の知識を「みんな、知ってて当然でしょ!」って思わず、我々のような上の世代に教えてもらえたら嬉しいですね。異年齢や世代の違う人間のデジタルデバイドは、まずは交流することに解決の糸口があると考えていけたらハッピーかなと思ってます。

    2014年2月3日 at 8:53 PM
  • 通りすがりの先生 says:

    現役の情報科担当教諭です。
    教材はしっかりしていても、それを教えることが出来る人が少ないのが現状です。
    他校ですと未だに他の科目になっていたり単位数が少なかったりと散々なものです。

    たまたまめぐっていたらたどり着いたところで言うのもなんですが、貴方のような教員や父兄が多くなればもうちょっと変わると思うんですけどね…。

    2014年2月3日 at 6:28 PM
  • あーや says:

    私が高校生だった2007年くらいでは、すでに物理のレポートはWordにExcelのグラフを貼り付けてUSBメモリで提出していました。
    情報の授業だけでなく他の科目もデジタル化していますね。

    2014年2月3日 at 5:54 PM
  • Kayo says:

    じょに様

    そうでしたw ご指摘ありがとうございます。

    2014年2月3日 at 4:23 PM
  • じょに says:

    「情報と社会」→「社会と情報」
    「情報と科学」→「情報の科学」
    が正当です。

    2014年2月3日 at 11:08 AM

Your email address will not be published.