絶賛発売中! 書籍『iPad教育活用 7つの秘訣』の取材日記   ⑩俊英館 小池幸司先生

いよいよ、『iPad教育活用 7つの秘訣』の取材日記も今日でラスト!
ラストを飾って下さるのは、同書籍の企画・プロデューサーであり、インタビュー記事にも登場して頂いた俊英館の小池幸司先生です。(以下、「先生」→「さん」付けで呼ばせてください)

思えば、去年8月にTwitterで、
「教育版のiPad事例集が欲しい・・・」という内容をつぶやいた小池さん。

同じようなことをFacebookに投稿してみたら、
これまた、たくさんの方から反響がきて、出版社のウイネットさんが、孫さんバリに「やりましょう!」と言ってくれて書籍化になったとか。

こうして、たった一人のつぶやきから書籍が作られてしまうなんてイマドキというか、スゴイですよね。だったら、私もつぶやいてみるか・・・。「ITエンジニアの妻の声を書籍にしたい!」みたいな・・・(笑)

ところで、皆さんは俊英館をご存じですか?

俊英館は、埼玉を中心に首都圏で展開している進学塾なのですが、iPadの導入は、2010年の非常に早い段階から実施していて、塾としては全国で初めての取り組みだったようです。

公の教育機関と違って、iPadを生徒に貸与したり、一斉導入するなどの方法は難しかった中で、それでも授業の中で利用して学習効果をあげていくためにはどうすればいいか、そんな課題に取り組んできた塾としての経験談を本誌には書いています。

これまた、デジタルハリウッドの事例と同様になりますが、公の教育機関とは違った視点で、教育現場にiPadを導入しているという点で、「教育×ビジネス」というキーワードをお持ちの方には、ぜひとも読んで頂きたいページであります。

で、こちらが、その小池さん。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

書籍の企画・プロデューサーということで、どんな偉そうな人が出てくるのかと思われた皆さん、ご期待に添えず、スミマセンm(__)m
小池さん、そんな人じゃありませ〜〜ん。

といいますか、むしろ、「末っ子」って感じの雰囲気でしょ?(実際そうらしいのですが・・・)
私自身、3人兄妹の真ん中なので分かるのですが、末っ子って、そうそう、こんな感じですよね。なんとなく「人懐っこくて、なんでも楽しめる」みたいな。。。

この本のプロジェクトを進めている時も、まさにそんな感じでしてね。
私だって、それはもう楽しんで、この仕事をさせて頂きましたが、小池さんの“楽しんでる感”は私のはるか上を行ってました。
「この人、ほんとに好きな仕事やってんだなぁ〜」と何度思ったことか。。。。

取材先でもそうでしたし、メッセージのやり取りなんかもそう。言葉の端々に、「この人、本気で楽しんでるよな〜」と思えることが多々あり、そういうところがよくて、いい本を作らなきゃって思ったのも事実。

SNSでの発信がキッカケで生まれた今回の書籍プロジェクト。人とのつながりベースでプロジェクトが進んでいる分、中心にいる人が「一番楽しんでた」ってことが、このプロジェクトが上手く進んだ秘訣だったのかな、なんて今更ながら思っています。

とはいうものの、、、そんな小池さん。また違った一面もありましてね。
「無理なお願い」をする時も末っ子風。編集長なんぞは、その「お願い」を、もう、何度聞き入れたかって感じで、なかでも、台割の変更は凄まじいものがありました。だって、あの人懐っこい感じで、「よろしくお願いしま〜す(^O^)/」とくるんですよ。編集長や私なんて、上手い具合に巻き込まれてしまう。末っ子ってほんと得ですよね。。。

・・・というわけで、今年2月下旬に発売した『iPad教育活用 7つの秘訣』の取材日記もこれで最後になりました。お読み下さった皆さま、関係者の皆さまありがとうございました。

私自身、初めてのライター仕事で大変な時もあったのですが、仕事自体がとても面白くて「こんなに楽しくていいのか」と何度も思いました。あと、「この仕事が終わってしまうのもやだなぁ」とも。

もともと文章を書くのが大好きだったので、それ自体を大いに楽しめたというのもひとつですが、この仕事を通して出会えた先生方が「また、一緒にお酒飲みにいきたい!」って思わせてくれるようなオモシロイ先生たちばかりでよかった。

私の中の先生像がいい意味で崩れたというか、なんというか、「あれ?先生ってこんな感じなの?」と思えたことが一番の収穫かもしれません。
“先生なんだけど、アンラーンしてる” といえば伝わるでしょうか・・・。こういう先生方の姿勢、生き方、ひとりの人間として見習いたいなって率直に思いました。

・・・というわけで、宣伝です。

来る4月27日(土)に、『iPad教育活用 7つの秘訣』に登場された先生方全員が集まられてトークセッションがあります。
書籍のイベントなので、キーワードとしては「iPad」とか「教育ICT」絡みになりますが、そんなこと、カンケーなしに、一度、このオモロイ先生たちを見に来られませんか?
スクリーンショット 2013-04-05 21.01.15

□ iPadを教育に活用しよう!〜先駆者に聞く実践とアプリ選びのコツ〜
13:00-15:00 Apple Store 銀座
https://www.facebook.com/events/520143874690600/

□ 教育プレゼンテーション研究会 (OpenConnectS Tokyo)
16:00-19:00 銀座会議室
http://www.facebook.com/events/319329504837491/

当日は私も参加していますので、このブログを読んで下さっている方で、
私に何か一言いってやりたい!という方がいらっしゃいましたら、お声がけください(^^)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *